ニキビで悩む人へ

ニキビは「青春のシンボル」などと呼ばれ、顔にできたニキビの場所によって恋を占ったりと、若者の証のように思われがちですが、実はそのように美しく淡い思い出ばかりとはいかないものです。実際にニキビができてしまうと、恥ずかしくて前髪で隠すこともあるでしょうし、はやく治したいという思いからか患部を無理矢理つぶす人や、お化粧でごまかそうとする人など、とくに若い女性にとってはみた目を気にしてニキビを隠したいと願うものです。

しかし、このように無理に隠す行為は、ニキビを刺激したり毛穴の通気を塞ぐなどの障害となり、逆に治りが遅くなってしまう可能性があります。ニキビというのは立派な皮膚病ですが、患部に薬を塗ってすぐに治ってしまう人もいれば、なかなか治りにくくニキビ跡が残ってしまう人もいます。発生の仕方も数カ所で終わる人と、広範囲にできやすい人などの個人差があります。そして「青春のシンボル」といわれつつも、ニキビは決して若者だけのものに限りません。

成人してからも油断していればニキビは発生します。しかも若者のそれとは異なり、大人ニキビは原因が複雑で、精神的ストレスや内臓疾患といった深刻な原因が関係している可能性もあるのです。大人になればなるほど、ニキビは身体全体の健康状態のバロメーターとして、決して無視することのできないものとなります。若い頃のように放っておけば治るだろうと油断はせずに、ニキビは不健康の証として、睡眠や食生活改善などに取り組むべき、危険信号ととらえることが必要です。

<関連サイト>
大人ニキビを治す化粧品などを紹介しているサイトです ---> 大人ニキビ